everyday

小学6年生の女の子と、小学3年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

ジェネリックってよく知らなかった・・・

アレルギー性鼻炎の子ども達

 

スギ花粉の頃からずっと鼻水が

ズルズルの姉弟

手持ちの薬で凌いでいましたが

そろそろなくなりそうなので、

耳鼻科に連れて行きました。

 

案の定、二人とも粘膜が腫れていて

薬をもらってきました。

 

弟は薬が苦手なので、

珍しく嫌がらずに飲める薬があり

それをメモして行ったので、

「オロパタジン」という薬を

処方してもらいました。

ラムネのように口で溶けるタイプ。

アレロックジェネリックのようです。

 

帰ってきて飲ませると、

いつものと違うと言い

全然美味しくないと。

確かにパッケージが違うみたい。

 

f:id:macaronblog:20210508213527j:plain

 

よくよく調べてみたら、

「オロパタジン」はいろいろなメーカーが

出していて、

前のはトーワで、今回はJGでした。

 

私はてっきり「オロパタジン」は

1つしかないと思っていたので、

まさか何社も出しているとは

思いもよりませんでした。

ジェネリック薬品って

そういうものなんですね〜。

 

おそらく同じ処方箋を持っていても

違う薬局に行くと

それぞれに取り扱っている

「オロパタジン」が出てくるのかな?

前にもらった薬局とは違う薬局だったので

別のメーカーだったのかも。

耳鼻科に一番近い薬局に行ったのですが

とても事務的な感じで、

前に行った薬局は薬の味なども

教えてくれる薬局でした。

次になくなったら、

前に行った薬局に処方箋を出そうと

思います。

 

 

 

【2021年5月10日追記】

 

薬の味が違う理由はそれだけではなくて

もらった薬が口腔内崩壊錠ではない

普通の錠剤だったことでした。

詳しくは、こちらの続編のブログを

お読みください。

 ↓ ↓ ↓

macaronblog.hatenablog.jp