everyday

小学5年生の女の子と、小学2年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

トキワ荘マンガミュージアムに行ってきました

当時の暮らしがリアルに再現

 

近場でまだ行ったことのない場所に

行きたいなと思い、

先日 豊島区にオープンしたばかりの

トキワ荘マンガミュージアム

行ってみることにしました。

入館料は無料です。

 

1週間くらい前に

家族全員分の予約をしました

10台くらい停められる

駐輪場もあって、ありがたいです。

 

f:id:macaronblog:20200810205329j:plain

 

予約した時間に、係の方に名前を伝えて

チェックが済んでから入りました。

密にならないように、人数制限されています。

 

f:id:macaronblog:20200810220130j:plain
 

f:id:macaronblog:20200810210418j:plain

 

撮影可能エリアは決まっていました。

撮影できるお部屋にも、

撮影可能のカメラマークがあるので、

確認できます。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20200810205455j:plain

 

靴を脱いで、まずは2階から。

ギシギシいう階段、実物っぽい雰囲気。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20200810210437j:plain

 

昔のアパートって、

こんな感じだったんだろうな〜。

 

f:id:macaronblog:20200810210105j:plain

 

さっきまで誰かが使っていたかのような

共同炊事場のリアルさ。

昭和〜って感じです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20200810210128j:plain

 

ここで暮らしていたマンガ家のみなさんの

お部屋も再現されていて、

当時の雰囲気を感じることができます。

 

f:id:macaronblog:20200810210204j:plain

 

f:id:macaronblog:20200810222151j:plain

 

f:id:macaronblog:20200810222031j:plain

 

これだけ昔のものを集めるのも

大変だっただろうなぁ。

 

f:id:macaronblog:20200810210246j:plain

 

赤塚不二夫さんのお部屋は、

マンガ家になりきって撮影体験が

できるお部屋ですが、

今はお休みしているそうです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20200810222115j:plain

 

マンガをどういう風に書くのか

映像で見ることができて、

繊細かつ思い切ったペン使いに

見入ってしまいました。

 

 

その後はエレベーターで1階へ。

 

1階は、マンガラウンジや展示室があります。

撮影できないエリアです。

今はたくさんのマンガ家さんの

お祝いメッセージ色紙が飾られていました。

天井板に書かれた

手塚治虫さんの絵も見ることができました。

 

 

約30分ほど見学して、外へ。

外観の古びた感じも、リアルな再現。

 

f:id:macaronblog:20200810205241j:plain

 

f:id:macaronblog:20200810205303j:plain

 

マンガ家のみなさんが当時使ったような

電話ボックスもあります。

 

f:id:macaronblog:20200810224936j:plain

 

外のトイレにも、

マンガの吹き出しや擬音が!!

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20200810205556j:plain

 

f:id:macaronblog:20200810210355j:plain

 

 

トキワ荘公園には

トキワ荘のヒーローたち」モニュメントも

あります。

 

f:id:macaronblog:20200810205352j:plain

 

f:id:macaronblog:20200810205418j:plain

 

周辺にはトキワ荘にゆかりのあるお店や、

「マンガステーション」や

トキワ荘通りお休み処」などもあります。

今度はラーメン屋さんの「松葉」

食べてみたいなぁ。

 

マンガ好きな方だけでなく、

昭和レトロが好きな方も

楽しめそうなミュージアムでした。