everyday

小学6年生の女の子と、小学3年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

感受性の強い子供たち

「ほっけちゃ〜ん」

 

先日の話。

夕飯でほっけを焼いたのですが、

私がほっけの開きを閉じて

元の魚の形を見せたら子ども達が反応。

焼きあがるところまで見ていました。

二人して、写真まで撮るほど。

 

 (息子が撮ったほっけの写真)

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20210111223134j:plain

 

すると、主人が仕事で遅くなり帰宅。

会社で軽く食べたので、

ほっけを次の日食べると。

 

すると娘が「美味しい時に

食べてあげなくてかわいそう〜。」

ポロポロ泣き始め、

なかなか泣き止まない。

「私が明日食べてあげる」と言って

しばらく泣いていました。

という私も、せっかく我が家まで来て

焼きたてを食べてあげられなかった

ほっけが無念で、

娘と涙を流しました。

「ほっけちゃ〜ん。」

 

すると、息子も「ほっけ君」「ほっけ君」

と言って、自分は残してしまったほっけを

もう一度食べると言い出しました。

たぶん、今まで魚を焼くところを

見ていなかったのか、

初めて見て感情移入してしまったよう。

 

次の日、娘はしっかりほっけちゃんを

食べていました。

 

今度またほっけを買ってきたら、

「ほっけちゃ〜ん」と声をかけるのかな。

 

 

ほっけについても調べていました。

魚へんに花「𩸽」で、ほっけです。