everyday

小学5年生の女の子と、小学2年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

今日は、最後の幼稚園の給食当番でした

一瞬、泣きそうになりました

 

今日は幼稚園の給食当番でした。

息子の通う幼稚園は、給食の先生のもと

保護者が当番制で給食を作ります。

 

f:id:macaronblog:20190305153018j:plain

 

娘が年中になる時に引っ越しをして

この幼稚園に入ってから、

5年も続いてきた給食当番

娘も息子も好き嫌いが多かったので

お弁当だと作るものが限られてしまいそうだし、

お友達と同じ給食なら食べる気になるかな、

出来立ての温かい美味しい給食なら

食べたくなるかなと選んだ幼稚園でした。

何より私も給食当番に興味があったので

せっかくなら楽しんでみようという気で

入園することにしました。

 

月に一度くらいのペースで回ってくるのですが、

お料理教室とは行かないまでも

他学年のお母さん方とも一緒になって作るので

学年を超えて交流ができたり、

作った給食も自分の子の隣で食べるので

子供たちも喜んでいました。

 

そんな給食当番ですが、今日が最後。

食べ始める前にメニューを紹介するのですが、

急に感極まって泣きそうに。

涙をぐっとこらえてメニューを説明。

「今日のメニューはハヤシライス、

ツナサラダ、いちごの乗ったゼリー、牛乳です。

よく噛んで食べてください。

どうぞ召し上がれ。」

 

その後、息子の隣で給食を食べ

最近まで牛乳も野菜も苦手だった息子が

コップいっぱいの牛乳を飲み干して、

サラダもハヤシライスも完食し、

さらにハヤシライスのおかわりまでするように

なった姿を見て、

給食当番を頑張ったかいがあったなと

嬉しくなりました。

 

そのあとは後片付け。

大量のお皿やトレー、鍋などを洗うのですが

これも最後だなーと思うと

感慨深くなりました。。。

小学校に入っても、しっかり給食食べてね。