everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

東京おもちゃ美術館に行ってきました

小学校の校舎跡を利用しています

 

四谷三丁目駅から徒歩7分、

「東京おもちゃ美術館」に行ってきました。

何度か来たことはあるのですが、

息子はちゃんと遊ぶのは初めてかな?

旧四谷第四小学校の校舎です。

 

f:id:macaronblog:20180714210901j:plain

 

ベビーカー置き場や、

自転車置き場もありました。

 

入場料は

おとなこどもペア券で1200円

 

f:id:macaronblog:20180714211157j:plain

 

木のおもちゃが多く

廊下にもおもちゃやゲームが

置いてあります。

 

外国人の方も結構訪れていました。

 

f:id:macaronblog:20180714211727j:plain

 

手作りおもちゃ教室や、

読み聞かせ会などが行われているので

先にチェックしましょう。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20180714211958j:plain

 

手づくりおもちゃの工房は

3階にあって、

予約のカウンターがあるので

予約のホルダーや付箋をキープします。

有料のプログラムも

無料のプログラムもあります。

 

f:id:macaronblog:20180714212036j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714212115j:plain

 ↑ ↑ ↑

息子は「マラカスじゃんぷくん」300円

プログラムに参加しました。

所要時間40分ほど。

 

お部屋はいくつも分かれていて、

こちらは「おもちゃのもり」

靴を脱いで遊びます。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714211400j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714211422j:plain

 

20000個の木のボールの

「木の砂場」

よくあるボールプールとは一味違って

子供たちも気持ち良さそうです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714211448j:plain

 

 

こちらは、「グッド・トイてんじしつ」

「グッド・トイ」がずらりと並んで

自由に遊ぶことができます。

遊び方も学芸員の方が教えてくれるので

わかりやすいです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714211609j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714211856j:plain

 

息子がはまったおもちゃ。

トーマスを作っていました。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714211645j:plain

 

 

「きかくてんじしつ」では、

アメリカ玩具と中南米のおもちゃ」

展示されています。

 

f:id:macaronblog:20180714212609j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714211819j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714211927j:plain

 

 

「おもちゃのまち きいろ」のお部屋。

野菜やきのこを収穫するような

木のおもちゃがあります。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20180714212250j:plain

 

f:id:macaronblog:20180714212334j:plain

 

お店やさんごっこや、

おうちごっこなどのコーナーもあります。

 

f:id:macaronblog:20180714212357j:plain

 

ここは科学おもちゃコーナー。

CDでできたコマは、

回してみるととても綺麗でした。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714212423j:plain

 

 

木のぬくもりを感じるおもちゃで

たくさん遊べて、

手づくりおもちゃ教室にも参加でき、

親子で楽しめるゲームもあり、

読み聞かせ会にも参加して、

息子と4時までめいっぱい楽しみました

今年の夏はものすごく暑いので、

室内で気軽に楽しめる施設は嬉しいですね。

 

ただ一点、大人の方の注意点。

コーナーによっては頭をぶつけそうな

ところが数々あるので、

頭上注意です!!

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180714212448j:plain

 

このコーナーの入り口でも

お父さんが思いっきり頭をぶつけていました。

みなさん、気をつけましょう。