everyday

小学5年生の女の子と、小学2年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

最近読んだ本「サードドア」

電車のドアの横の広告で知りました

 

3週間くらい前に、電車に乗っていて

目に止まったドア横の広告。

 

その本、「サードドア」が気になったので

次の日に買いに行きました。

 

f:id:macaronblog:20191128210501j:plain

 

大学生のアレックス・バナヤン氏が、

自分が思い浮かぶ成功者たちが

どうやって最初の一歩を踏み出したのか

彼らにインタビューするという

ミッションを掲げ、それに向かっていく話。

 

インタビューしたい相手は、

ビル・ゲイツレディ・ガガ

ウォーレン・バフェット

スティーヴン・スピルバーグなど

各分野の錚々たるメンバーばかり。

 

 

ミッションに向かって

失敗したり、成功したり、悩んだり、

裏切られたり、落ち込んだり。

紆余曲折しながら、

答えを探していく旅。

 

f:id:macaronblog:20191128210520j:plain

 

この厚さですが、広告にあったように

どんどん読み進んでしまいました。

 

アレックス・バナヤン氏の人生ですが、

なんだか一緒にジェットコースターに

乗っているかのような気分になる本でした。

 

最終的に言いたいことは、

最後の数ページなのかもしれないですが、

一緒に旅に出たようで

別の人生を体験できた気にもなります。

 

あっという間に読んでしまったので、

もう一度じっくり読んでみたい

結論はわかっているので、

彼のチャレンジを改めて読むと

さらに思うことがあるかも。

 

 

amazonにもあったので、

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓

サードドア: 精神的資産のふやし方

サードドア: 精神的資産のふやし方