everyday

小学4年生の女の子と、小学1年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

「ロウソクの科学」3冊買ってみました

ノーベル化学賞の吉野彰さん愛読書

 

昨日、ノーベル化学賞が発表になり

旭化成の吉野彰さんの受賞が決まりました。

その吉野さんが少年の頃に読んでいたのが

「ロウソクの科学」という本で、

私も読んでみたいと

オープン直後の書店へ駆け込みました。

 

朝、検索した時に

気になる本が3冊ヒット。

 

まずは、ファラデーの「ロウソクの科学」

これを子供向けにお話仕立てにした

角川つばさ文庫の「ロウソクの科学」

さらに、「『ロウソクの科学』が教えてくれること」

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20191010142006j:plain

 

2冊は1軒目で、もう1冊は別のお店で購入。

 

3冊を比べてみたところ、

ファラデーの「ロウソクの科学」

1861年末の講演をまとめたものなので、

話しかけるように書かれていて

思ったよりも読みやすいです。

高学年くらいなら、大丈夫そう。

 

角川つばさ文庫の方は、

2人の子供と科学者のお話仕立てになっていて

いろいろな実験をやってみるという内容。

イラストもあって

子供でも読みやすそうです。

 

「『ロウソクの科学』が教えてくれること」

上の2冊に書いてあるような実験が

写真で載っているので

目で見てわかりやすいです。

話に出てきたロウソクをまずどうやって

作ったのかが写真で見られて、

昔はこうやっていたのかと

科学以外にも時の流れも感じました。

どんどん興味が湧きそうです。

 

 

 

3冊を見てみて、

小学生の子供たちに渡す順番は、

角川つばさ文庫

 ↓

②「『ロウソクの科学』が教えてくれること」

 ↓

③ファラデー「ロウソクの科学」

にします。

 

 

どれか1冊でもいいのかもしれないですが、

我が家ではこの3冊で

楽しく科学に触れようと思います。

 

 

 

amazonにもあったので、

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓ 

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科 (角川つばさ文庫)

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科 (角川つばさ文庫)

 

 

ロウソクの科学 (角川文庫)

ロウソクの科学 (角川文庫)

 

 

「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で (サイエンス・アイ新書)

「ロウソクの科学」が教えてくれること 炎の輝きから科学の真髄に迫る、名講演と実験を図説で (サイエンス・アイ新書)