everyday

小学4年生の女の子と、小学1年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

息子のひらがな、少し綺麗になりました

宿題の時に活用している本

 

小1の息子の宿題は、毎日ひらがなプリント

ひらがな一文字をなぞりも入れて

20回くらい書くものですが、

なかなか字が上手くならない。。。

 

娘が小1の頃

ひらがなを厳しくチェックする先生で、

綺麗に書けているものも

赤を入れてきて、

娘が宿題をしたがらなくなってしまいました

プリント1枚なのに、取り掛かるのも遅いし、

始めてからもなかなか進まなくて

結局2時間かかるようなことがしばしば。

また赤で直されたら、、、と

涙を浮かべながら。

 

そんな経験から、

息子にはとりあえず宿題のプリントは

字が書けていればいいかと

丁寧さ、綺麗さを意識していなかったら、

ちっとも上達しない。。。

 

そんな時に思い出したのが、

3年前、娘用に買った

「なぞらずにうまくなる

子どものひらがな練習帳」

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190617231534j:plain

 

棒人間みたいなのが、

ひらがなのコースをたどっていくような

イラストが書いてあって、

息子に試してみたら反応あり

娘は、反応無しでした。)

 

 

その結果、こんな「お」を書いていたのが、

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190617232029j:plain

 

棒人間のセリフを言いながら書くと

ここまで綺麗に書けるようになりました

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190617232047j:plain

 

これには、驚きました。

たった数回書いただけです。

 

まだ気を抜くと、

元の字に戻ってしまうのですが、

綺麗な字が定着するまで

この本を活用してじっくり取り組みたいと思います。

 

合う子と、合わない子がいると思いますが、

amazonにもあったので

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳