everyday

小学4年生の女の子と、小学1年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

世界中どこでも同じではなかった筆算

いろんな割り算の筆算がある

 

娘の参観授業で、驚きました。

少人数算数の授業を見ていたら

「世界の割り算」をやっていて、

世界各国さまざまな割り算の筆算の仕方

あることを紹介していました。

 

例えば、こんな感じ。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190608205128j:plain

 

日本と韓国は同じ

インドとオランダはちょっと似ています。

ポルトガルは、下に答えを書くそうです。

フランス、ブラジルも似ているみたい。

 

イスラエルは、日本に似ているけど

右に答えを書くそうです。

 

f:id:macaronblog:20190608223718j:plain

 

今日の授業を聞くまで、

割り算の筆算は世界共通だと思っていたので

かなりの衝撃です。

当たり前だと思っていた事が

当たり前ではなかった。。。

 

では、3桁の筆算はどうするんだろうと

やってみました。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190608223739j:plain

 

フランス式の方は調べて解いてみたので

書き方はおそらく合っていると思います。

初めは違和感ありありだったのに

だんだんやっているうちに

スラスラ書けるようになりました。

不思議と慣れるものですねー。

 

小学校の授業で、

私も勉強させていただいて ありがとうございます。