everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

蔵前で見つけた、オシャレな雑貨屋さん

リボンレイの材料を探しに、浅草橋へ

 

先日、娘の同級生ママから、

リボンレイの作り方を教わったので

母へのプレゼントで色違いを作ろうと思い

リボンを買いに浅草橋へ向かいました。

 

f:id:macaronblog:20180304070658j:plain

 

蔵前駅から歩いて、

娘と浅草橋へ向かうことにしました。

 

その途中、

ステキな雑貨屋さんを発見!

「KONCENT」というお店です。

 

f:id:macaronblog:20180304070745j:plain

 

北欧風なスツールをはじめ、

シンプルなオシャレ雑貨がいろいろ置いてあります。

 

f:id:macaronblog:20180304071012j:plain

 

 

f:id:macaronblog:20180304203410p:plain



一階には「SOL'S COFFEE」という

カフェカウンターも併設していて、

2階に上がって休憩することもできます。

 

 

そして、気になる看板。

「ラテアート体験 

カフェラテ1杯付き ¥500」

 

f:id:macaronblog:20180304070846j:plain

 

 

去年の夏も、娘とラテアート体験

したのですが、

その時のブログはこちら。

 ↓ ↓ ↓
macaronblog.hatenablog.jp

 

 

今回も体験せずには、いられませんでした。。。

店員さんからレクチャーを受け、

ラテアートします。

備忘録を兼ねて、

ラテアートのやり方を書いておきます。

 

f:id:macaronblog:20180304071335j:plain

 

①カップの2割くらいまで

 エスプレッソが入っています。

 カップとピッチャーをこの角度で持ち、

 泡立てミルクをカップの中央に

 細い線を書くようにして

 注いでいきます

 

②カップの7割くらいまで

 ミルクが入ったら、

 ピッチャーをカップに近づけて行って

 ピッチャーを水平から

 やや下向きに傾けていきます

 その時に中央に白い丸が現れます。

 

③カップから溢れそうになる前に

 丸からはみ出すようにして

 ピッチャーを前に滑らせます

 そこでハートの上の凹みと

 下側の出っ張りができます。

 

④そしてハート型ラテアート

 出来上がり!!

 

f:id:macaronblog:20180304070926j:plain

 

娘はレモンスカッシュを注文して、

お店の2階で、美味しくいただいてきました。

こちらのSOL'S COFFEEは

こだわりの焙煎方法

胃にも不快感がなく、

時間が経つと酸っぱくなることもないそうです。

確かにとっても後味がマイルドだけど

旨味のある美味しいコーヒーでした。

 

 

 

黒いまな板に新調しました

 

EPICUREAN(エピキュリアン)のまな板と、

薄いぺらぺらのまな板の二つを

使っていたのですが、

EPICUREANの方は素材が硬くて

包丁で切るたびにカンカン音がしたり、

表面が傷んでいるように見えて

最近はほとんど使っていませんでした。

 

そこで今回「KONCENT」で見つけた

黒いまな板を購入してきました。

「EAトCO」(イイトコ)という

シリーズのようです。

 

f:id:macaronblog:20180304071352j:plain

 

黒いまな板は、

初めて買ったのですが

見本で置いてあったものをみると

前のようにカンカンという音はしなそうです。

 

f:id:macaronblog:20180304071432j:plain

 

黒にすることで、洗う時に

逆に汚れが見えやすかったりするかな

思っています。

 

f:id:macaronblog:20180304071454j:plain

 

少しスリムな形状

パンを切ったりしたら

そのまま卓上へ出せそうな感じです。

明日から使ってみるのが楽しみです。

 

 

 

明日は、シモジマ浅草橋本店で

驚いたことについて

書いてみようと思います。

良かったら読んでみてくださいね。

 

f:id:macaronblog:20180304070718j:plain