everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

コカ・コーラ多摩工場で工場見学してきました

今年のテーマは工場見学!

 

年末にグッジョバ!に行って、

社会科見学が楽しくなってきた子ども達。

フリーペーパーで

コカ・コーラの工場見学を知り、

早速予約し、行ってきました。

 

f:id:macaronblog:20180128181112j:plain

 

入り口から、

ワクワク感がいっぱいです。

 

f:id:macaronblog:20180128181141j:plain

 

 

はじめに、

工場見学の流れの説明を受けるお部屋へ。

 

f:id:macaronblog:20180128181237j:plain

 

 

ナビ・ブックとミニタオルの

お土産もいただきました。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20180128181717j:plain

 

嬉しい試飲タイム。

瓶のコカ・コーラ、Qooのアップル、綾鷹から

好きな飲み物を各自1本いただきました。

コーラの瓶は回収されるので、

その場で飲みましょう。

 

f:id:macaronblog:20180128181642j:plain

 

綺麗なボトルですね〜。

「コンツアーボトル」という、このボトル。

カカオ豆をヒントに作られたそうです。

暗闇で触ってもわかるような形状にして、

瓶のグリーンはコカ・コーラの生まれた

アメリカのジョージア州の豊かな自然を

イメージしているのだとか。

 

コカ・コーラの歴史や

製造工程などの10分くらい映像を見て、

いざ製造ラインの見学です。

 

この日製造していたのは、

アクエリアスとコーヒーでした。

 

f:id:macaronblog:20180128181815j:plain

 

製造ラインは撮影禁止

容器を洗浄して、中身を詰めて、という

製造ラインをガラス越しに

見ることができました。

 

1分間に600本、中身を詰めるそう

目が回るほどの速さで

あっという間に中身が詰められていました。

 

ペットボトルの作り方

教えていただきました。

10センチほどの試験管のような

プリフォームと呼ばれるペットボトルの原型を

熱と空気で膨らませるそうです。

 

 

3つの工場がすぐ隣に並んでいて

廊下からガラス越しに次々見ていきました。

工場の設備の工夫なども

説明していただきました。

 

f:id:macaronblog:20180128181855j:plain

 

一通り見学が終わると、

展示を自由に見る時間。

 

 

手触りだけでコカ・コーラの瓶の形を

感じてみるコーナーや、

 

f:id:macaronblog:20180128182017j:plain

 

コカ・コーラの歴史や、

検定コーナーもありました。

 

f:id:macaronblog:20180128182106j:plain

 

f:id:macaronblog:20180128182456j:plain

 

コカ・コーラ

1886年にアトランタで誕生。

薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が

シロップを作り出したそうです。

ソーダファウンテンという

4件の喫茶店のような店で

発売をスタートしてから、

今では200を超える国で毎日19億杯以上も

飲まれているとのこと。

 

f:id:macaronblog:20180128182558j:plain

 

f:id:macaronblog:20180128182648j:plain

 

コカ・コーラボトラーズジャパン

取り組みについて紹介するコーナーでは

工場のユニフォームを着ることもできました。

 

f:id:macaronblog:20180128182801j:plain

 

ちょうど1時間の工場見学

普段飲んでいるものがどうやって作られているのか

知ることができて、

子ども達もコカ・コーラを飲む時に

思い出すでしょうね。

 

次は、どこの工場に行こうかしら??