everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

初めて「芥川賞」「直木賞」作品、買いました

久しぶりに小説を読んでみたくなりました

 

普段はビジネス書や情報系の本ばかりで

小説はほとんど読まない私。

今朝、芥川賞直木賞の作品発表の様子を見て

とっても興味が湧いて

早速書店でこの2冊を購入してきました。

 

f:id:macaronblog:20180117110639j:plain

 

芥川賞を受賞した

若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』と、

直木賞を受賞した

門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』

よく見ると直木賞は帯がもう受賞作に

変わってますね、早い!

 

銀河鉄道の父』の方は、

宮沢賢治の生涯を父親の視点から描いた

作品だそうで、

今、PTAの活動で親子の関係について

発表を控えているのでとても興味が湧きました。

 

『おらおらでひとりいぐも』の方は、

作品はもちろんですが、

作者の若竹千佐子さんがとても魅力的な方で

読んでみたいという気持ちになりました。

 

ご主人が亡くなって

ふさぎこみそうになっている時に

「外に出たら」と息子さんのすすめで

55歳で小説講座に通ったそう。

 

「何歳でも遅いということはない。」

若竹さんが話していて、

本当にそうだなーーと思います。

おととい、日本語学の金田一秀穂さんの講演

聞いてきたのですが、

そこでも同じようなお話を聞くことが

できました。

 

私も生きている限り、

いろんなことにチャレンジしていこう

若竹さんからも金田一教授からも

勇気をもらいました。

 

 

この2冊、読むのが楽しみです。