everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

最近買った本と、私の「読書ノート」

佐々木 正さんが気になって・・・

 

やっていると気になって見てしまう

テレ東の「やりすぎ都市伝説」

ここで紹介されていた佐々木 正さんについて

読んでみたいなと思って

「ロケット・ササキ」を購入。

 

f:id:macaronblog:20171227134742j:plain

 

1店目では在庫切れ、

「先週まであったのに・・・」という店員さん。

私と同じ考えの人が買って行ったんでしょうね。

 

佐々木 正さんはシャープの元副社長

高校時代の卒業研究で

りんごとマンゴーを継木して

アップルマンゴーを作った話から始まり

様々な逸話が出ていたので

これから読むのが楽しみです。

 

 

私の読書ノートの書き方

 

ほとんど小説は読まない私。

読むジャンルはほとんど情報系、自己啓発系が

多いです。

 

読んでいる時は、「は〜、なるほど。」とか

思って読んでいるのですが、

頭の中に何も残っていないことが

しばしば

「意味ないなぁ」と思って

今年の春頃から始めているのが

「読書ノート」です。

 

お気に入りの黒キャンパスノート

書いています。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20171227134808j:plain

 

書き方は、

最初に「読み始めた日と、本のタイトルなど」

 

f:id:macaronblog:20171227135231j:plain

 

その下に、

気になった内容があったら

ページ番号とその内容

そのまま書き写す時もあれば、

自分なりの言葉で書き直すこともあります。

 

1冊で14ページくらい書くことも。

逆に少ないのは1ページにも満たない本も

あります。

 

f:id:macaronblog:20171227134847j:plain

 

実際のノートは、こんな感じになっています。

(あえてぼかしています・・・)

 

読書ノートを書いてよかったこと

 

①もう一度読みたい時に、すぐページを探せる

気になった内容・フレーズが満載

 読み返してもタメになる

③本を売ってしまっても、これさえあればOK

④書こうとすると、集中して本が読める

⑤これだけ読んだのねと、ちょっと満足できる

 

本当に忘れっぽい私には、

この方法しかなかったのに、

これまで何をやっていたのだろう・・・と

思ってしまいます。

「読書ノート」、私のオススメ読書法です。

 

 

「ロケット・ササキ」

さあ、読み始めようっと。

amazonにもあったので、一応貼っておきますね。

↓ ↓ ↓

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正

ロケット・ササキ:ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正