everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

日比谷公園に行ってきました(その1)

日本初の洋風近代式公園

 

先週の土日、

「鉄道フェスティバル2017」で

訪れた日比谷公園

鉄道フェスティバル以外にも

「東京味わいフェスタ2017」

催されていました。

 

f:id:macaronblog:20171010070546j:plain

 

そんな日比谷公園

私自身、これまで何度も近くに来ていても

まともによく見て回るのは

数十年ぶり

素敵な公園だなぁと改めて思いました。

 

 

これは、園内マップ

結構、広いです。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010092206j:plain

 

 

いくつか見かけた日比谷公園の歴史を

語る看板。

明治36年、1903年に

日比谷公園が誕生したんですね。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070521j:plain

 

 

霞門から入ると、

鶴の噴水がある「雲形池」

なんだか、金沢の兼六園などを思い出させるような

落ち着いた池です。

中央には、「鶴の形の噴水」があります。

 

f:id:macaronblog:20171010065624j:plain

 

 

「第二花壇」です

土日は鉄道フェスティバルもあったので

親子連れなど、

芝生の上で食事をする姿も多かったです。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010065731j:plain

 

 

日比谷公園のシンボル、「大噴水」です。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20171010065815j:plain

 

しばらく見ていたのですが、

周りの部分しか水が出ていなかったです。

後で調べたら、どうやら28分間周期

変化するようです。

朝8時から夜9時まで稼働しているそうです。

 

 

テニスコートもありました。

都会の真ん中でテニスなんて、素敵!!  ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070438j:plain

 

 

テニスコートの近くには、

花卉園芸の日比谷公園らしく

ひまわりの歩道も。

インスタ映えしそうです。

 

f:id:macaronblog:20171010065906j:plain

 

真夏だと、もっと綺麗でしょうね。。。

 

f:id:macaronblog:20171010065930j:plain

 

ひまわりの道のそばには、

子供向けの公園遊具もありました。

小さな子でも、走り回って遊べそう。

銀座や有楽町で買い物で飽きちゃったお子さんは

こちらで気分転換出来そうです。

 

 

小さな丘、三笠山

↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20171010070002j:plain

 

公園造成時に池などを掘った残土で作られた

人工の山だそうです。

数十段の階段を登って

一瞬だけ山登り気分を味わえます。 

 

 

「自由の鐘」です。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070352j:plain

 

 

「第一花壇」です。

風景をスケッチするする人が

たくさんいました。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070115j:plain

 

 

こちらも、「第一花壇」。 

どこか西洋の国のような雰囲気ですね。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070159j:plain

 

 

有楽門近くの「心字池」。 ↓ ↓ ↓

 

f:id:macaronblog:20171010070031j:plain

 

昔はお堀だった場所で、

全体を上から見ると「心」の字をくずした形を

しているそうです。

有楽門から外に出ると

数寄屋橋交差点は、すぐそこに見えます。

 

 

園内には、こんなパネルも

 

日比谷公園には、植物にこんなパネル

ついていました。

他の公園でも見かけたことがありますが、

園芸の日比谷公園らしいですね。

 

f:id:macaronblog:20171010070232j:plain

 

この木は、なんでしょう??

 

f:id:macaronblog:20171010070303j:plain

 

答えは、「くすのき」でした。

 

 

緑豊かな、日比谷公園

紅葉が色づく季節になったら

また遊びに行きたいと思います。

明日は、書ききれなかった

園内のレストランのことを書いてみようと思っています。

 

#hibiyapark #tokyo