everyday

小学3年生の女の子と、年長の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

上野動物園の子ども動物園すてっぷに行ってきました

新しくなった「子ども動物園」

 

娘の夏休み最終日、

いつものぐるっとパスを使い、

上野動物園に行くことにしました。

いつものようにパンダ舎のある

東園からスタートして、西園へ。

 

子ども動物園に行こうと思ったら、

いつの間にかリニューアルされていました

7月11日にオープンしたそうです。

 

 

以前の子ども動物園は、

ヤギや羊が放し飼いされている囲いに入って

触れ合えるようになっていて、

動物が苦手な子には

ちょっとハードルが高い感じがありましたが、

リニューアル後の「子ども動物園すてっぷ」は、

すんなりと見て回れそうな雰囲気です。

 

f:id:macaronblog:20170828095445j:plain

 

「子ども動物園すてっぷ」は、

動物の温もりを伝える理念で

動物について 体験し、感じ、考えるための場だそうです。

 

 

どんなゾーンに分かれているかというと、

1)ふたば牧場

2)鳥たちのおうち

3)すてっぷ館

4)カピバラヤマアラシ などです。

手洗い場や子どもトイレなども充実しているので

助かりますね。

 

「ふたば牧場」ゾーン

 

f:id:macaronblog:20170828095509j:plain

 

日本各地の在来家畜がいます。

人に慣れていて性質も穏やかなので、

間近でじっくり観察できるそうです。

 

f:id:macaronblog:20170828095739j:plain

 

すてっぷ館

 

動物について、いろいろな体験をできる施設です。

小さな動物たちのおうち、

わくわくベース、はじめてルーム、

しのばずラボといったコーナーがあります。

 

f:id:macaronblog:20170828095542j:plain

 

「しのばずラボ」は、

身近な自然、不忍池の生き物たちの暮らしぶりについて、

季節ごとに学べる部屋です。

ハスや鳥、虫について実際に触れられたり、

じっくり観察できるような展示があります。

 

f:id:macaronblog:20170828095655j:plain

 

「わくわくベース」では

ウサギやネズミなどの小動物に直接触れられます。

以前は時間ごとに並んで入場しなくてはいけなかったのですが、

自由に出入りできるようになったので

うれしいですね。

 

f:id:macaronblog:20170828095611j:plain

 

他にも、以前よりも良くなったと思ったのは、

動物の説明書き。

子どもにもわかりやすい言葉で書かれていて

見やすくなりました

 

f:id:macaronblog:20170828095818j:plain

 

最後に一つ、

閉園30分前に「わくわくベース」や

「すてっぷ館」は閉まってしまったので

ご利用はお早めにするよう、ご注意を。