everyday

小学4年生の女の子と、小学1年生の男の子の子育て中。使ってみていいなと思ったものや、子育てについてのアイデア、行ってみて楽しかったスポットなど紹介していきます。

娘がそろばんに通い始めました

そろばんは私のお下がり

 

娘が今月からそろばんに通い始めました

 

私も小学2年生くらいから

6年ほど通っていました。

娘にも低学年の頃

家で少し教えてはいたのですが、

最近はあまりやっていませんでした。

 

娘は計算はできるけど、

スピードはそんなに速くないので

思い切ってそろばん塾に通うことに

なりました

そろばんは年季の入った私のお下がり。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190722211305j:plain

 

そろばん塾でパチパチ音がする中

そろばんを弾くのは

集中できるし、気持ちがいいです。

娘も同じく、みんなのそろばんを弾く

パチパチ音が聞こえるのが良いそう。

家で一人でやるとそうは行かないので。

 

週に3日通っているのですが、

かけ算もやるようになったそう。

そろばんが楽しいと言って通っているので

続けられる限り、頑張って欲しいです。

 

「みんなのミュシャ」を観に行ってきました

昨日の「足立の花火」

 

子供の頃から毎年のように行っている

「足立の花火」

昨日、行ってきました。

いつも梅雨明けギリギリで直前まで

天気が心配ですが、

今年は梅雨明けしないので

開催するのかどうかドキドキ。

無事、子供たちと見ることができて

良かったです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190721174825j:plain

 

 

Bunkamuraで「みんなのミュシャ

 

そして、今日は娘のチアの発表の後に

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアム

「みんなのミュシャを観に行きました。

 

f:id:macaronblog:20190721174851j:plain

 

f:id:macaronblog:20190721174913j:plain

 

ミュシャの8歳の頃に描いた絵や

たくさんの作品を見ることができました。

1本1本の流線が作る絵、

色合いのバランスも絶妙だなと

美しさに見入ってしまいました

 

一部、写真撮影OKのところも。

ここだけはシャッター音が鳴り響いています。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190721174944j:plain

 

f:id:macaronblog:20190721175003j:plain

 

f:id:macaronblog:20190721175022j:plain

 

f:id:macaronblog:20190721175050j:plain

 

植物が連続模様のようになっていて、素敵。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190721175114j:plain

 

f:id:macaronblog:20190721175201j:plain

 

この絵、知ってる〜。

旅行先のパリで買ったポスターの絵でした。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190721175139j:plain

 

日曜なので、たくさんの人が来ていました。

でも観づらいほどではなかったです。

 

f:id:macaronblog:20190721212429j:plain

 

ミュシャの絵が、この後のマンガ家や

アーティストに大きな影響を与えたことが

よくわかりました。

「Q型方式」という描き方も

たくさんのアーティストに使われていて、

その作品も展示されています。

 

 

帰り際に見た、Bunkamuraの素敵な花屋さん。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190721175312j:plain

 

ライティングなど、

とっても素敵なディスプレイでした。

 

f:id:macaronblog:20190721175332j:plain

 

 

家に帰ってきてから、

しまってあったこの絵を出してみました。

早速、飾ろうっと。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190721211746j:plain

 

夏休みスタート!

宿題と自主勉強をどう進めよう

 

まだ梅雨明けしなくて、

いまいち夏という感じがしないのに

あっという間に夏休みですね。

 

夏休みの宿題もいくつか出たので

とりあえず宿題リスト

目につく場所に貼っておきました。

夏休み中に勉強しておきたいことも

追加してあります。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190720163633j:plain

 

小4の娘。

昨年は塾の夏期講習に行ったのですが、

今年は塾には行かずに

大量に貯めてしまったSAPIXの通信教材

たくさん進めることにしました。

私が息子の小学受験にかかりきりになっていたら

いつの間にか数ヶ月分の貯めてしまって。。。

小4なのに、小3の10月をやっています。

早くしないと小3に追いつかれてしまう〜。

 

昨年塾に行った時も、

さほど予習復習もせずに

夏期講習を受けていただけだったので

身についたんだか、どうか。

それもあって今年は夏期講習ではなく

家で勉強することにしました

ただ、理科社会は足りないかな?と

娘と相談して

Z会を1ヶ月だけ頼んでみることにしました。

 

学校でも午前中は勉強の時間に

しましょうという感じだったので、

1日分のファイルを作ってみることに

しました。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190720163305j:plain

 

無印良品で買ったTO DOメモ

その日の課題をいくつか書き出して

取り組む時間も一緒に書いてみました。

こんな感じで。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190720163339j:plain

 

これだと40分なので、

あとは学校の宿題などを書き足す予定です。

 

自由研究も学校の水泳もあるので、

きちっと進むとは思えないですが。

 

 

そんな私は、子供の頃、

8月の終わりにまとめて宿題をするタイプ

8月31日なんてヒーヒー言いながら

宿題やっていました。

自分の経験から、

早めに片付けておいた方がいいよと

子供に言っているところです。

そのうちに自分で勉強の計画

立てられるようになってほしいです。

 

長くて短い夏休み、

心に残る経験などもできたらと思います。

 

折り紙ってすごいなぁ

子供と夏休みに作ってみたい

 

先日、「所さんの目がテン!」で

開成の折り紙研究部の話題を見て

たった一枚の紙で様々な形を作れることに感動。

龍神 3.5」という鱗が1200枚もある

複雑な折り紙作品を作ったりしていました。

 

折り紙本を検索した結果、

「本格折り紙」という本が良さそうだったので

まずは図書館で予約しました。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190719112948j:plain

 

届いたとの連絡が来たので、

図書館に昨日取りに行き早速作ってみました。

入門篇から上級篇まで43作品

紹介されていたので、

まずは一番初めに載っていた「鼠」

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190719113049j:plain

 

久しぶりに折り紙を折ってみると

こんな折り方あるのか〜と新発見。

なんとか「鼠」を折ることができました。

 

入門篇だけど、なかなか頭を使いますね。

でも小学生になればできそうなくらい

他のも作りたい気持ちがウズウズしてます。

 

夏休みにいろいろな折り紙作品を

子供たちと作ってみたいですね。

図書館は2週間しか借りられないので

本買おうかな。

来週、白山に行く予定があり、

「おりがみはうす」という所があるらしいので

立ち寄ってみたいなと思っています。

 

 

ちなみに「所さんの目がテン!」で

日比谷高校の雑草部も紹介していて、

娘は雑草部に入りたい〜と

興味津々でした。

 

 

amazonにもあったので、

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓

本格折り紙―入門から上級まで

本格折り紙―入門から上級まで

 

 

夏休みに都道府県を覚える!

「お母さん、怒らないでね」

 

昨日、娘がこんな言葉を言いました。

「お母さん、怒らないでね。」

何かと思ったら、社会の時間に

47都道府県を書き込むワークシートに

東京都、埼玉県、千葉県、北海道、

青森県沖縄県しか書けなかったと。

 

そりゃ、九州や四国、関西には

連れて行ったことないから仕方ないかも。

日本各地へ旅行できれば

イメージできるかもしれないけど

それも、なかなか難しい。。。

 

と思って、スーパーの本売り場に

これを発見。

「1日10分でにほんちずを

おぼえるマグネットパズル」

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190718205147j:plain

 

都道府県の土地の形を

生き物の形をイメージしたイラストにして

日本地図を形作ったもの。

薄いマグネットになっていて、

マグネットを貼るシートもついています。

 

シートには「○○のにほんいち!」などと

都道府県の特徴も書いてあるので

どんな所なのかイメージできそうです。

 

マグネットが薄くて細かいので

丁寧に扱わないと

破いてしまったり、紛失したりしそうなので

気をつけて使ってもらおうと思います。

夏休み中にたくさん使って覚えてね。

 

夏休み、栃木には行くことにしたので

1県はどんな所か実感できるはず。

 

 

amazonにもあったので、

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓ 

1日10分でにほんちずをおぼえる マグネットパズル ([バラエティ])

1日10分でにほんちずをおぼえる マグネットパズル ([バラエティ])

 

 

カルディで買ったブラウニークッキー

ザクザクしてて美味しい

 

カルディは好きでたまに行くのですが、

やっぱり目が行くのはお菓子コーナー。

冬だとティムタムを買うのですが、

夏は溶けやすいのか

店頭に並んでないーーー!!

 

なので、チョコ好きな私が

買ってきたのは、

このメルバ ブラウニークッキー

399円。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190717143722j:plain

 

チョコチップも入っていて、

ザクザクの食感

アメリカンスタイルとありますが、

オランダのブラウニークッキーです。

 

f:id:macaronblog:20190717143742j:plain

 

大きめのブラウニークッキーなので、

食べ応え十分

たまにチョコ系だといやな後味とかのものが

あるけれど、

これはそんなことなく、とても美味しい〜。

 

娘も気に入って半分食べられてしまった。。。

 

またカルディ行ったら、買ってこなきゃ。

 

ずっと気になっていた鉛筆削り

短くなった鉛筆が生まれ変わります

 

子どもたちが毎日のように使う鉛筆。

短くなってしまった鉛筆が

溜まっていく一方です。

短いからといって捨ててしまうのも

もったいなく、

鉛筆ホルダーなども買いましたが、

長い鉛筆の方が使いやすいと

結局短い鉛筆が残っていく状態。

 

短くなった鉛筆を繋げられる鉛筆削り

気になっていたので、

思い切って買ってみました。

中島重久堂さんの「TSUNAGO」

ロフトで税込1944円でした。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190716161311j:plain

 

使い方の説明書。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190716161331j:plain

 

f:id:macaronblog:20190716161403j:plain

 

短い鉛筆を集めてきました。

もっとあるはず。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190716161427j:plain

 

まずはダイヤル「1」にして、

先の方になる鉛筆の下の方に

穴を開けるようです。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190716161448j:plain

 

かなり力は要りますね〜。

ケースの中に見える赤いラインまで

鉛筆が到達するまで穴を開けていきます。

コツがいりそうです。

 ↓ ↓ ↓

f:id:macaronblog:20190716161506j:plain

 

そして、ダイヤル「2」にセットして、

後ろにくる鉛筆の先を削ります。

「3」にして削った部分を滑らかにします。

左が「1」で削った鉛筆、

右が「2」で削った鉛筆です。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190716161533j:plain

 

ちゃんとはまったので、木工用ボンドで接着。

出来上がり〜。

 

f:id:macaronblog:20190716161552j:plain

 

ここまでにかかった時間、約20分

結構力がいるので、

子どもが削るのは難しいかも。

鉛筆を削るのに使えるホルダーは

ついていました。

説明書にもありましたが、

一度に大量に削るとマメができるみたい。

暇な時に1本とか作るのがいいかも。

 

 

でも、もう1つ短いのを繋げて、

さらに長くしてみました。

使ってみたら、普通に持ちやすいです。

 ↓ ↓ ↓ 

f:id:macaronblog:20190716161613j:plain

 

短い鉛筆もこうやって最後まで使って

ものを大事にできる子どもたち

なってほしいです。

 

そして、もう1本作った後に、

さらに鉛筆を見つけてきました。

今日はこれ以上削ると

手が痛くなりそうなので、

暇な時に鉛筆削りしたいと思います。

 

f:id:macaronblog:20190716161631j:plain

 

ちなみにこの鉛筆削りは、

普通の鉛筆削りの機能はついてないので

繋げる専用です。

 

 

amazonにもあったので、

一応貼っておきますね。

 ↓ ↓ ↓

 

 

【2019年7月17日追記】

昨日に続いて、鉛筆削り。

ペンシルホルダーを使ったら、

あまり手が痛くならずに、赤い線まで

早く到達しました。

しっかり鉛筆ホルダーを使った方が、

いいですよ〜。